開店祝いの花を贈るときのマナーを紹介

身内の方や友人、取引先の方や知人の方が新しくお店を開店した際に贈る祝花です。どのような花を贈ればいいのか、また贈る際に注意すべきマナーをご紹介します。そもそも開店祝いとは、「新しく店を開いて営業を始めること」です。皆様にご確認していただきたいのは、贈り相手が「開店」で間違いないのか、ということです。例えば「新しく事業や商売を始めること」、これは「開業」にあたります。他にも「病院など(院)とつく施設等を新設して業務を始めること」、これを「開院」と呼びますので、まず贈り相手には開店祝いの花で間違いがないかということを、必ず確認して下さい。特に、自分より目上の方等に贈る際には、失礼があってはいけないのでしっかりと確認をして、贈る側も貰った側も快く儀礼を済ますことができるように心掛けます。

贈る時期・相場についてのマナー

一般的に開店祝いを贈る時期は、オープン1週間前から前日までに贈ります。お花や植物は、変色してしまったり枯れてしまう日数があります。しっかりと花を調達するお花屋さんに確認をした後、余裕をもって贈るようにしましょう。また、相場についてですが、これは自分から見た贈り相手の立場によって変動します。相場の平均は一般的に20,000円程度です。知人が贈り相手の場合 5,000~10,000円程度、友人が贈り相手の場合 1,0000~30,000円程度、身内が贈り相手の場合 20,000~50,000円程度、取引先やビジネス関係にある方が贈り相手の場合 10,000~50,000円程度と言われています。贈る相手によって金額が変動することになるので、選べるものも違ってきます。インターネットから注文できるもの、お店で直接相談できるものがあるのでご自身に合った方法で選定して下さい。

定番の花・避けた方が良い花・大きさについてのマナー

最も一般的とされる花は「胡蝶蘭」です。花粉も飛び散らず、香りもほぼ無いことから特に無難とされています。また胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」なので縁起の良い花として知られています。蘭は「繁栄」のシンボルともされているので、開店された方に、これからの繁栄を祈る気持ちを伝えることができます。他にも、お店が長く愛されるように、という意味を込めて贈る「アルストロメリア」や、商売繁盛を願う「葉牡丹」等があります。贈るお店等のイメージに合わせたものを選ぶように心がけます。また、花の種類として避けた方が良いものは、菊等の仏事に用いる花や、火を連想させる赤い花等です。縁起の悪いものは避けるよう注意します。さらに、大輪なものは飾る際にスペースを必要とする為、贈り先のことも考慮して選びます。