開店祝いに送る花の相場はどれくらい

お付き合いのある方がお店を新規に開店される際に贈るのが開店祝いです。お花をお祝いとして贈ることは、お店のスタートを華やかに演出し、最大限の応援をするという意思表示でもあります。ただ、お付き合いの深さや、今後築いていきたい関係性によって、予算をどの程度組むべきかは悩ましいところです。どの程度の金額をかけるのが普通なのか、場合によっては多すぎたり、少なすぎたりし、相手との関係がかえって悪くなりはしないか、などの心配もあることでしょう。また、花を贈るマナーとして、予算の相場というものもあります。ここでは、取引先に贈る場合と、友人・知人・身内など贈り主と親しい関係にある方に贈る場合とに分けて、開店祝いに贈るお花の相場について、ご説明します。

取引先に贈るお花の相場について

開店祝いに贈るお花は、お店に長く飾られることがほとんどです。受け取る方としても、豪華なものから目に入りやすい場所へ飾るものです。したがって、より密なお付き合いを望む取引先には、それなりの予算をかけ、花を贈ることが重要です。取引先との関係の深さに応じて、10000~30000円程度の予算を組むことが望ましいでしょう。また、とくに重要な取引先に贈る場合は30000~50000円程度が妥当です。予算によって、贈る花の種類はある程度限られてきますが、開店祝いとして最もポピュラーなものは白い胡蝶蘭です。胡蝶蘭は枝数や質によって価格帯がはっきり分かれており、予算を組んで選びやすいものとなっています。また、切り花を豪華に活けたスタンド花も開店祝いの定番です。20000円前後で仕立てられるものが多く、蘭に比べると値段も手ごろです。ただし、場所をとるので、相手の事情を考慮する必要があります。

友人・知人・身内に贈るお花の相場について

親しい間柄の方に贈る開店祝いは、知人であれば5000円程度、親しい友人なら10000円程度の予算が妥当です。また、身内の場合、親子関係なら30000~50000円、兄弟姉妹なら20000~30000円、親戚ならお付き合いの深さに応じて10000~50000円程度の範囲内で選ぶとよいでしょう。胡蝶蘭を贈ることが難しければ、長く楽しめる観葉植物などがおすすめです。これはお店のインテリアなどにも活用でき、贈る方としても予算が組みやすく、無難です。また親しい仲なら、相手の希望を尋ねて贈るようにしても喜ばれるでしょう。インテリアグリーンは種類も多種多様で、お店の雰囲気づくりの即戦力になり得るものです。相手の好みに合わせて贈ることは、最大級の応援になるはずです。このように、贈る相手を慮って選んだ開店祝いは、こちらの心情が相手におのずと伝わるものです。今後の関係を見据え、慎重に予算を組むことが大切です。