開店祝いに送ってはいけない花とは

開店祝いにお花を贈ることは定番と言っても過言ではありません。しかし、花なら何でもよいということはなく、贈ってはいけないものもあります。まずマナーとして、「赤字」「火事」などをイメージさせる赤い花を贈ることはタブーとされています。赤いバラなど、一見華やかで豪華ですが、マナーを心得ずに送っては失礼に当たります。また、飲食店やクリニックなどは、傷みやすい生花を置くことができない場合もあります。このような点は、事前に相手の事情やお店の環境などをある程度把握し、配慮することが大切です。せっかく心からのお祝いと、末永いお付き合いを願って贈る開店祝いです。相手に対し、失礼にあたらないように、最低限のマナーを心得、喜んでいただけるものを選びたいものです。

贈ってはいけない花とはどういうものか

前述したように、赤い花や、赤を基調としたアレンジメントフラワーを贈ることはタブーとされているので避けましょう。加えて気をつけたいのは、忌み言葉や仏事などにまつわるものです。花には花言葉というものがあります。詳しい人は少ないでしょうが、たまたまそのメッセージが伝わってしまえば、相手の気分を害してしまう恐れもあるのです。例えば、開店祝いに最適とされる白い花でも、カーネーションには「亡き母の思い出」、スイセンには「うぬぼれ」などという意味があります。贈られて、あまり気持ちの良いものではありません。また、仏事に用いられることの多い菊や、宗教によっては弔いの花である百合なども避けた方がよいでしょう。加えて、忘れがちですが、相手の好みに合わないものを贈らないようにすることも大切です。親しい仲でないとわからない事情ですが、心に留めておきたい注意点です。

開店祝いに最適な花とはどういうものか

まず、開店祝いとして定番中の定番なのは、白い胡蝶蘭です。高額なものではありますが、大変華やかで見栄えがし、喜ばれるものです。胡蝶蘭は安定、繁栄、幸福を運ぶなどの意味があり、お祝いの花として最適です。花ではありませんが観葉植物を贈るのもよいでしょう。大きさや種類は多種多様なので、贈る相手の好みに合わせてユニークな葉や樹形のものを選べば喜ばれます。花とは違い、成長を楽しむことができるのが最大の魅力です。また最近ではプリザーブド・フラワーも開店祝いに選ばれることが増えています。これは特殊な技術を用いて水分を抜き、生き生きとした色を長く楽しめるように加工した花です。衛生面に配慮が必要な飲食店、クリニック、世話をすることが難しい業種の方などに送るとよいでしょう。このように、開店祝いは相手の事情に合わせて選べるほど種類が豊富です。喜ぶ相手の顔を思いうかべて、贈ることが大切です。